工場・製造業の求人情報

正社員

工場の正社員になったらどんな仕事をする?

工場で安定して働きたいなら

工場で働く場合、正社員として勤務する選択肢もあります。

正社員になれば、会社の都合で解雇になるようなリスクも少なく、安定した給与やボーナスがもらえます。正社員は福利厚生も充実しており、特に長く働く上では安心感があります。と言っても、正社員というのは希望すれば誰でもなれるわけではありません。工場に限りませんが、未経験から正社員には簡単になれないことがあります。しかし、アルバイトや派遣で工場勤務の経験を積めば、正社員への道も開けてきます。

もちろん、未経験から正社員登用してもらえる会社もありますので、あきらめずに探してみることも大切です。正社員として働くには、経験よりも熱意が重視されます。単に正社員になった方が給料も良いからという理由ではなく、この会社のために頑張りたいという熱意を伝えることで、採用されやすくなります。

自分が長く働きたいと思える工場が見つかったら、正社員になることを考えましょう。

工場正社員

工場にもいろいろな部門がある

アルバイトで工場勤務をするときには、単純作業が中心になります。

一方、正社員になる場合には、管理業務を任されることも多くなります。一般に、工場の仕事は製造、生産管理、品質管理の3つに分かれます。製造は文字どおりものづくりをする現場で、アルバイトよりも技術が身につく仕事を担当することが多くなります。生産管理は製造方法を考えるところで、製造技術に関する知識も求められます。

品質管理とは、不良品をチェックするところで、体力よりも注意力が必要な現場です。正社員として求人に応募する場合、最も採用されやすいのが製造部門でしょう。技術系の知識を持っているなら、生産管理部門の求人に応募してみるのも良いかもしれません。また、体力にあまり自信がない人でも、品質管理部門なら工場勤務がしやすいのではないかと思います。

正社員の工場求人を探すときには、どういう仕事をするのかを注意深く見ておきましょう。